【学校、教育委員会、国に期待すること】を伝えるチャンス!文科省からのアンケート

文科省からアンケートが出ています。

ROCKETタイプの子の中には当てはまる子も多いかもしれませんので、ぜひアンケートに答えて国に声を届けましょう!

9月17日が締め切りです。

 

対象者はこんなふうに書かれています。

「特異な才能のある児童生徒」とは、同年齢の児童生徒の中で、知能や創造性、芸術、運動、特定の学問ごとの能力(教科ごとの学力等)等において一定以上の能力を示す者をいいます。また、特異な才能と学習困難とを併せ有する児童生徒(いわゆる2Eの児童生徒)等も含みます。なお、小学校段階から高等学校段階までの者を対象とします。

文部科学省サイトから

アンケートの問6の設問にあるように、【学校、教育委員会、国に期待すること】を私たちから伝えるチャンスだと思います。
今までこんな機会はなかったので、本当に変化してきていますよね。

下のリンクから回答できます。

特定分野に特異な才能のある児童生徒に対する学校における指導・支援の在り方等に関する有識者会議 アンケート|会議傍聴等受付システム

詳細はこちらのPDFから見られます。

hitomi

タイトルとURLをコピーしました